オシオトシマサの書きっぱなしジャーマン

なんでも書きっぱなし系ブログ

仕事用キーボードに東プレREALFORCEをポチりました。

f:id:osio-toshimasa:20210502180214j:plain:w420

おはよーございます。

人はみなキーボードを買い替えたいと思う生き物です。間違いない。

というわけで実に13年ぶりに、仕事用キーボードを買い換えることにしました。先日、家電量販店で同じ機種のキーボード触ってみたんですけど、キーの打ち心地がだいぶ変わってしまっていることに気づいたんですよね。故障しているわけではないんですけど、さすがに13年経つと中の中のバネが劣化しているんでしょうね。そんなこともあり思い切って買い替えてみようと思いました。で、買い換えるキーボードは前回買ったのと同じメーカーである東プレさんのREALFORCEシリーズです。キーボード選びでぐぐってると大抵検索にひっかかてくる有名なキーボードのひとつなんですけど、これが非常に使い心地良かったので引き続きお世話になりたいと思います。というわけでREALFORCE推せるポイントとキーボードを選ぶ基準をまとめておきたいと思います。このブログを読んでくれたかたも、もしキーボード選びの選択肢として参考になれば幸いです。

REALFORCEは、文字を打つのがとにかく楽しい。

これはネットの評判ではわからないし、個人の好みにも左右されるので是非家電量販店などで直接触ってみて欲しいんですが、まず何はなくともキーボードの打ち心地、すなわち打鍵感が素晴らしいです。技術的な細かい話は「東プレ キーボード」とかで検索すればいっぱい出てくるのでそちらを参考にしてもらうとして、ここで紹介したいこととしては「文字を打ちたくなる心地よさ」が素晴らしいという点ですね。キーの深さや重さのバランスが僕にはとても気持ちよく感じられ、文字を打つのが楽しいし、長時間打ち続けたときの指の疲れもあまりないです。キーボードでひとつでこんなに変わるもんなのかって思うほどで、これを知ってしまうと普通のキーボードに戻れなくなるほどです。ちなみに自宅のWindowsPCは一般的なPCに付属するメンブレンキーボードを使っているのですが、長時間つかっているとやっぱりどうもしっくりこないです。買い替えたら会社で使ってるREALFORCEを自宅で在宅用に回して使いたいなと思っています。在宅比率はそこまで高くないので13年モノでも十分快適かなと思います。

仕事用キーボードは無線タイプよりも有線タイプを選ぶ

趣味で使う分には配線の取り回しが楽になる無線がいいんですけど、仕事だとレスポンスと確実性を重視して、有線LANタイプを選ぶようにしています。 いろんな機器が動いているのでつけすぎて調子悪くなるのがいやだというのもあります。あとは無線だと仕事中の重要な作業前にバッテリが切れたりするのも嫌だったりします。そのために充電忘れたり電池変えるというの気にしてメンテナンスもあまりしたくはないというのもあります。めんどくさがりなんで。余裕がないというより、本来の仕事ではない仕事は無用に増やしたくないという思想です。

値段は高くても耐用年数で見ればコスパは悪くない

値段は大体2万円〜3万円で、僕が買ったモデルがたしか2万円くらいのやつだったと思うんですが、これで13年稼働しているので月額換算すると大体130円くらいですね。キーボードで月130円を高いか安いかというのは個人の価値観にもよるんですが、プロとして仕事して給料をもらっているという前提ならば、自分への投資としては十分に安いかなと思っています。たとえばスポーツ選手だと体を鍛えるためにジムに通ったり、道具を揃えたり、体のケアで整体したり治療したりなどなど最低限の投資額がすごく高いイメージありますけど、130円ならば一般の社会人でも十分に手が届くかなという感じです。東プレさんのページを覗くと5000万回以上は叩けると書いてあるので、バネとかの問題はさておき、もしかすると20年くらいは持つんではないかと。そうすると月額65円くらいですね。せっかくだからどこまで持つのか使い切ってみたいとは思います。