オシオトシマサの書きっぱなしジャーマン

なんでも書きっぱなし系ブログ

缶コーヒーが辞められない件

おはよーございます。

すっかり夏らしい陽気になってまいりました。電車移動が多いとはいえ、毎日汗かきながら出勤しております。 そんな暑い外から会社のフロアに入りほっと一息ついたいい感じの場所に自販機がそびえたっているわけです。その魅力的な姿に抵抗できず毎日、ガッシャンと缶コーヒーを買って、自席でキンキンに冷えた缶を持ちつつ仕事の準備を始めるのが完全に自分のルーティンになってしまっています。正直コスパの面でいえば、自分でアイスコーヒー作って持ってくのが間違いなく正解なんですけど、っていうか持ってってるんですけど、なぜか買ってしまうんですよね。コーヒーのおいしさとかそういうものを追求する方には缶コーヒーってあまり受けがよくないんですが、個人的には何かコーヒーとは別の嗜好品だと思っています。コーラや他のジュースと違って、缶コーヒーは普通のコーヒーとは違う魅力を持った別ジャンルの飲み物な気がしています。カップ麺とラーメンの関係性に近い何かを感じます。そういうわけで個人的に毎日飲んでる缶コーヒーを唐突に紹介していきたいと思います。自分の記録的な意味合いが大きいですが、気になった方はぜひ飲んでみて欲しいんです。一応下のリンクから買えるようにはなってるんですが、駅のキオスクとか、外の自販機とかで直買いして、その場でクッと飲むのが至高なので、ぜひ試してみてほしいです。堕ちるから(不穏)。今度箱買いして会社の冷蔵庫に詰め込みまくろうかなとも思うぐらいです。家で飲むとまたちょっと違うんですよね。会社とか出先で飲むのが最高なんです。なんでだろ??

ボトルタイプの缶コーヒーも増えてきているんですけど、個人的にこの2つが好きなんですよね。小さいサイズなので1日1本なら糖分取りすぎにはならないだろうっていう謎の免罪符と、プルタブ開けてクッといく感じがどうにも好きなんです。開け口のサイズ感もあるのかなあ、開け口狭い分より冷たく感じるというか、ドバッと出ないのも好きなんかも。そんなこんなで興味のあるかたは飲んでみてください。堕ちるから(2度目)。同じようにハマってくれてる人いたら嬉しいなあ。では、また!